ヨッシーウールワールド通常プレイ(6)

ついにラスト6面!
少しずつ進めてまいりましたが、初見の感動を味わえるのは最初の一回だけなので、
これで終わりかと思うと寂しくなりますね。

6-3は洞窟面、一度取り逃したらアウトになるものもあり、探索は気を遣いました。
音楽がノリノリの楽しげなステージ。
どことなくマリオカートっぽい感じです。

6-5はテレサの屋敷。
テレサの方を見続けると、たまにテレサがちらっと手を目から離して見てきますが、これがかわいい。
攻略法はなかなかの難易度、テレサの誘導が鍵ですね。

6-6はマジックテープ状のベルトコンベアーを移動していきます。
毛糸ならではのアイデアってたくさんあるもんですね~。

6-7はカメックが追いかけてきます。アイランドでいう5-Sですね。
ただし踏むこともできるので、楽は楽。

そして6-8、ラスボスは勿論……
こっからはネタバレになるんで気を付けてください。





ベビークッパ戦。
アイランドと同じく小部屋での一戦後、巨大化する流れです。
第二形態の巨大化クッパ戦は、3D的な戦いです。
毛糸玉の狙いをつけるのが難しいですが、そこはヨッシーシリーズ。
強すぎず弱すぎずのなんとも絶妙な難易度でした。
そしてEDへ。
ポチがかわいい。

クリア後はぼすぶっちならぬボスチャレンジ解放。
今までのボスが少し強くなっているとのこと。
やってみたところ、動きが早い。
悠長に毛糸玉を構えている暇がありません。
ボスの動きを完全に予測しながらで、結構苦労しました。

同時に6-Sも解放したのでやってみたところ、これがあっさり一発突破。
6面の他のコースのほうがよっぽど簡単だったのは気のせいでしょうか。
ここまでやってきてうまくなっていたのかもしれません。

フラワーを全コースで獲得すると★-Sというステージが解放。
ここはちょっと長かったかな。
まあ最後らしくポチと一緒にゴール。
ヨッシーらしい可愛い終わり方でした。


これでやることは全てなくなりましたかね。
バッジとかエンジョイモードとか一回も使ってないのでわかりませんが、
使用していたら格段に楽だったんでしょう。
RTAでは思う存分使いたいです。

そうです、RTAに入ろうと思います。
ただ、まだまだ普通に遊び足りないし、そもそもやりこみまくった最終到達地点がRTAだと思うので、
もう一月は普通に遊ばさせてください。
既にanyでは1時間を切ったとかなんとかいう情報も入っていますので、
動画など見ながら参考にしたいと思います。

ヨッシーウールワールド通常プレイ(5)

終盤の雰囲気となってまいりました。
5面伝統の氷の世界。
雪や氷の面は大好きです。

5-1は氷のコース。
途中にあるバイクヨッシーに変身する部屋が難しかったですね。
どれがハンコなのか判別する間に落ちていくという。
何度でも挑戦できるのが幸いでした。

5-3は空飛ぶ絨毯に乗っていくステージ。
風やなんやらの影響でなかなか面白いコースでした。
敵の乗っている小さい絨毯までも使うのはうまかったですね~。

5-6はラビリンスと名のつくコースでしたが、
結構素直な作りで全部屋きちんと回れば取りこぼしが無く、非常に親切なコースでした。
2-7のピラミッドに比べれば爽快で、迷宮のお手本と言っていいと思います。

5-Sはカーテンスライダー。しかしとんでもないスピードになっています。
さらに鬼畜だったのがハートの存在です。
猛スピードでゴールゲートにつっこむヨッシー。
その直前に孤を描いて浮いているハート達。
1個でも取り逃せない個数しかないにも関わらず、通り過ぎるとリカバリ方法はない。
中間地点もないのでコース最初からやり直しという。
フラワーでも毛糸でもハンコでもなくまさかの伏兵でした。

残るは6面のみ……ということになるのでしょうか。
ラストが楽しみですね。

ヨッシーウールワールド通常プレイ(4)

4面クリア~!
だんだん隠し雲の位置とかも予測できるようになってきてサクサク進みます。
素直な場所にあることも多いのでやっぱり流石ヨッシーシリーズ。

4-3はイカダに乗って進みますが、おなじみの巨大魚が襲来。
これはトラウマコースになるでしょうね~。
今回はストーリーのプク達の何倍も大きいので恐怖感は倍増されていると思います。

4-5はカーテンスライダーの名の通り爽快感溢れるスライダーコース。
ビーズの通りいけばさくっとコンプできる優良コースでした。
SDK2も4面が初コースターでしたね。
ここらで楽しいコースを入れてくるのがやっぱり飽きないゲーム作りの秘訣なのでしょうか。

4-8はビッグパックンの城、アイランドファンならここは絶対「アレ」がやってみたくなりますよね。
そしてやってみますと……ネタバレになるからどうなったかはやめましょう。

そして4-Sはそのビッグパックンに追いかけられる強制スクロールステージ。
至る所から蔦がニョキニョキ生えてきてそれに囲まれるとなす術なく死亡する鬼畜コースです。
初見殺しが多いだけで難易度はやはり3-Sに軍配があがりそうなところではありますが、
ボスとの関連でこうなったのでしょう。

ヨッシーウールワールド関連のネタバレを気にしてあまり動画を見れずにいます。
早くクリアしてしまいたいですね。
スプラトゥーンもやっているので、あまりそちらに流されないように頑張ります。
では5面クリア後にまたお会いしましょう。

ヨッシーウールワールド通常プレイ(3)

3面終わりました!
2面はいやらしいコースが多かった反面、爽快感あふれるコースが多かったです。
難易度的にこちらが2面でもよかった気もしますが、あの2面のあとだからこそ面白いのかもしれません。

3-1は早速可愛らしいコース。
こういうのヨッシーストーリーに欲しかったですねー。
雰囲気がばっちりヨッシーな感じです。

3-5はかるがーもならぬわたがーも登場。
時間で消える足場を作れてしまうわたがーも。
これはいい!
探索も無限大に広がりますね。
逆にこのコースの広さが少し物足りなかった気もしますが、今後もわたがーもが登場するかもしれません。
期待ですね。

3-Sが鬼畜コース。
アイランドも3-Sが難しかったですね。
このコースでは、軌跡上に雲を出すキラーに置いて行かれないように進むのですが、
なかなかうまくいきません。
キラーを間違って倒してもアウトなので慎重なタマゴ操作も要求されます。
とは言え、ゴールしてしまえば取りこぼしがなく、割と素直なコースでした。
面白かった!

次は4面クリア後にお会いしましょう~!

ヨッシーウールワールド通常プレイ(2)

1日空いて2回目のプレイ、2面終了まで終わりました。

2-2は表と裏を行ったり来たりするコース、なかなか面白い。
コース始めにあるビーズ、取れると思うと取れない。
仕方なく扉に入ると表裏が入れ替わりビーズが取れるようになる。
演出がにくいですね~。
こういうの好きです。

2-5ではポチ登場。
フラワーや毛糸も取ってきてくれて相当賢い犬に成長しました。
ヨッシーストーリーでは完全にここ掘れワンワンと吠えるだけの、言わば背景でしたから、
この点はアイランド風味が良い方向に働いている気がします。

2-7はピラミッドのコース。
もうステージ外観を見ただけで察してしまいました。
案の定なかは長く、アイランドでいう4-4の再来といった感じ。
鍵4個は1個ずつ使っても扉に入れない(いちいちくぐらない)ので、この改良は非常にありがたかったです。

2-Sは敵を誘導させてスイッチを踏むかなり上級者向けのコース。
始めに甲羅、次にカチカチ、最後にチョロプー。
最後のチョロプーは慣れるまでは苦労しました。
Sのコースは流石の難易度ですね。

さて、次は3面クリアになるのかな?
待て、次号!
プロフィール

てお

Author:てお
ヨッシーストーリー、ドラゴンクエストに関することをメインにいろいろ書いていきます。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR