スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DQ1RTA記録狙い(9)

最近またDQの記録狙いをしています。
底辺駅伝の影響でしょうか、リカバリーTAなどもあってモチベは保っています。
DQ3もやってはいるんですが、やはり私の故郷はDQ1。

しかし思うようにはいきません。
勿論腕がなまっていることもありますが、なかなか噛み合ってくれない。
最初の力の種はここ20回で14回が1、3は2回です。
まあこの辺は軽いもんですね。
首飾りは10:10ほどで到着すると20回を超えるツモ数。
11:00を超えると一桁だったりと結局11:20くらいのツモに収束する始末。
ただここでリセゲーしてもしょうがないので一応は続けるんですけどね。

ゴーレムまですんなりたどり着いたプレイがたったの2回。
そのうち1回が32:11撃破と自己べよりは2分以上遅いですがまあまあのタイム。
ところがそのせっかくのチャンスをドラゴンループ中の操作ミスで乙らせてしまう体たらく。
ははは、全く情けない。

ただどんな不運を引いても面白くてやめられない。
久々に味わうDQの面白さ。
マリカーとも違う満足感があります。
腕もそこそこ回復してきたので、追い風が来ることを待ちましょう。
自己べ更新までは行かなくても1:35を1回くらいは切っておきたいですね。
スポンサーサイト

ルイージサーキット考察

私はヒュ~ドロいけが一番得意で、それを中心にやってきました。
現在は3lap世界4位、flap世界9位で一番実績があるコースです。
一方で、悪路を走るコースを苦手としてきました。
カラカラさばく、マリオサーキット、ピーチサーキット、ドンキージャングルパークが代表的です。
ルイージサーキットも例によって苦手意識はありました。
しかし、現在3lap世界6位と2番目に高い実績のあるコースになっています。
おそらく、コース全体が反時計回りで、反時計回りのミニターボが得意な私に合っているのだと思います。
そのおかげか、最近は苦手意識もだいぶ薄れてきたように感じています。

このコースで大事なのはやはりミニターボ。
カーブでは正確な操作、直線では溜めるまでの速度が重要視されます。
直線でのミニターボ、通称直ドリが一番多いコースではないでしょうか。
そこで、今の自分の直ドリの速度について調べました。

30fpsで録画された自己べ(1'38"62)動画をコマ送りで分解します。
浮き上がる直前のコマから、ミニターボが赤に変わるまでの速度を調べます。
赤が確認できない時は発動するコマまでを参考にしました。
2-1-0でミニターボミスがないと、直ドリは17回行うことになります。
直ドリの定義は人によって違うと思いますが、
今回はなるべく早く発動させる必要のあるものを全て計測しました。
計測結果はこちら。単位は秒です。

0.75 0.66 0.75 0.75 0.75 0.75 0.75 0.75 0.75 0.72
0.75 0.75 0.75 0.78 0.78 0.72 0.75

なんと正確なことでしょう。自分に驚きです。
しかしポイントは2回目の0.66。
これが出ているということは、ほぼ毎回0.09秒ずつロスしていることになります。
勿論、単純なロスかと言えばそうとも限らないのでしょうが、まだ成長できることを意味しているような気がします。
毎回0.66を無理して狙って成功率が落ちるのでは何の意味もないので、
今は何も変える気はしませんね。
自分に伸び代があるということを確認できただけでも、調査としては満足です。

この計測、他の方だとどういう結果になるんでしょう。
世界記録や、トップ層の方々、日本勢の方々の結果は興味深い。
引き続き調査を進めます。
プロフィール

てお

Author:てお
ヨッシーストーリー、ドラゴンクエストに関することをメインにいろいろ書いていきます。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。