2周RTA考察(5)

ハンバルンさんが微妙に復帰、2周RTAにまたいろいろな案を出していきました。
いや~すごいですね~。
早速自分も取り入れて、真・船ルート何分が出るのかやってみました。
その中で最速のラップがこちら。括弧内は過去最速と理論値。

1-1  01:20(01:20、01:20)
2-1  04:08(04:07、04:07)
3-3  06:41(06:37、06:36)
ボス 07:06(07:02、07:01)
4-2  10:18(10:16、10:14)
5-4  12:31(12:31、12:27)
6-1  15:50(15:50、15:46)
終了 17:01(17:01、16:57)

というわけでギリギリ17分は切れませんでしたが、
理論値(過去最速ラップを繋げたもの)が16分台突入。
理想の動きが出来れば理論値は16:50くらいにはなると思います。
ようやく見えてきましたね。
2周RTAとして出せる現実ラインも17:01+14:58=31:59と大幅にハードルが下がりました。
次は2周RTAの更新を目指します。
31分台でレポート……any%のほうも早く書きます;

2周RTA考察(4)

久々の考察です。今回はルートではなくタイムの考察。
テーマは「31分台を出すにはどうすれば良いか?」です。

先日の自己記録32:10は31分台の可能性が見えたと同時に、
その隙間をどうやって埋めるかが非常に困難なことに気づきました。
ここで出てくるのが「理論値」です。
TASなどの非現実的理論値ではなく、今まで出した区間のベストラップを繋げるという現実的理論値を検証します。
any%RTAでもやっていますね、そちらの理論値は現在14:44となっています。
検証するのは勿論「真・船ルート」、こちらのタイムについて考察しましょう。

「真・船ルート」だけのタイムはどんなものなのか、まずは紹介。

17:09 てお     2012/06/20 (2周は32:10)
17:17 てお     2012/04/01 (2周は32:52)
17:25 てお     2012/06/17 (2周は32:26)
17:26 ハンバルン 2012/03/31 (2周は32:50)
17:31 てお     2012/04/01 (2周は32:35)
17:33 ハンバルン 2012/06/10 (2周は32:47)
17:51 ハンバルン 2012/03/15 (2周は33:21)
17:54 ハンバルン 2012/02/23 (2周は33:52)
17:59 てお     2011/09/26 (2周は33:10)

ここ3ヶ月で一気に縮まった印象です。
ハンバルンさんの熱心な研究の賜物と言えるでしょう。
やはり興味はこちらのルートの最速はどこまで行くのか、というところだと思います。
16分台は一つの目標だと思いますが、前回のプレイの感触からすると容易ではない。
そこで理論値の登場です。
先日のラップとの比較でご覧下さい。括弧内が先日の17:09のラップです。

1-1  01:20 区間1:20(01:21)
2-1  04:10 区間2:50(04:11)
3-3  06:39 区間2:29(06:42)
ボス 07:05 区間0:26(07:08)
4-2  10:18 区間3:13(10:25)
5-4  12:32 区間2:14(12:39)
6-1  15:51 区間3:19(15:58)
終了 17:02 区間1:11(17:09)

通した回数が少ないとは言え、理論値との差がなさすぎます。
改善点をここで挙げておきます。
・5-4を硬直が起こらないようなスムーズパターンを見つける
・6-1、プレス機直前の回転床の下にもぐりこみ、ふんばりを使ってプレス機へ渡る

正直5秒程しか効果はないでしょう。
16分台は相当きつい。
2周合計で31分台を狙うなら、17:04+14:55が現実的だと思われます。
any%も高水準の記録を必要とする以上、2周RTAという競技がただ事じゃなくなってきたのがわかりますね。

2周RTA考察(3)

複数周RTAのルールも改定され、ますます2周人口が少なくなりそうです^^;

2周RTAで今のところ私が見えているのは32:45です。
2周RTA動画をご覧になった方はおわかりでしょうが、まだまだ切り詰める要素が残っています。
1周目(any%)も後5秒ほどの短縮が見えているので、
それも2周RTAの短縮に繋がるのは幸運です。
2周目はと言うと、2-1ジュゲム出現直後の動き、
4-2開幕スペハー周辺の動き、
5-4全体の最適化、
6-1攻めルート採用とリカバリ分、
これだけで20秒は縮むと思います。

後はそれを実行するだけ……と言葉では簡単ですが、実際にやるのはきついです。
2周目4-2辺りから集中力はなくなってきますので、
相当調子のいい日でないと通すこともままなりません。
しかし32分台が見えている以上、すぐに更新したいとも思います。

5-4、6-1の100本ノックはいずれ必要かと思いますが、
流石にそれをやるのは気が乗らないw
やってて楽しいのは3-3なんでそこばっかり練習しちゃいますけど、
そんなことやってたらいけないですよね。

1周目、つまりany%ですが、15:20を切らないと32分台は相当厳しいと思いますので、
これから2周RTAをやろうとしてる方は、まずany%を頑張ってみてください。

2周RTA考察(2)

2周RTAの肝はやはり1周目の安定でしょう。
2周目なんて安定してるほうがおかしいのです。
2周メインプレイヤーならともかくね。

1周目安定の要は個人的に3-1だと思います。
2-2、4-1は難しい面(タイム短縮要素が多いと言える)ではありますが、
3-1は短縮要素が多いにも関わらず、目に見えにくいせいで多くの人がスルーしていると思います。
最初の緑ヘビリンの誘導、その後のピンクヘビリンへの乗り換え、滝登り、最後の緑ヘビリンからの空中移動。
そして無双場面の立ち回りと重要ポイントは多いのです。
実はこれらはこうして言葉にできることからわかるように、修正しやすい点と言えるでしょう。
2-2、4-1は基礎スキルが必要なせいで練習しまくるしかありませんが、
3-1に関しては要点が地味ではありますが比較的どうにかできると思います。
ニコ生式20分を切れる人なら誰でもすぐに修正できると思います。

2周目の重要部分と言えばやはり6-1。
ここは最もロスしやすいコース、1周目の2-2なんかと似ていると思います。
逆に2-1、3-3、5-4は短いので差がつきにくいでしょう。
1-1、4-2は適当でもなんとかなります。
4-2は食べるフルーツを決めなくてもいいぐらい。

6-1はご存知の方もいると思いますが、any%でかつて採用されていたコースです。
私は当時のSDA記録のルートが最速だと信じて疑わなかったので、1ヶ月ほど6-1ルートでやっていました。
それだけに6-3ルートは衝撃でしたが、
今思えば6-1ルートの時代にやっていたことが2周RTAに生かされているので、運が良かったと思っています。
6-1は歯車、プレスの一撃死が怖いです。今でも怖い。
こいつらの存在が危険なので、6-1を含むルートを1周目にやったほうがいいという意見もあるかと思いますが、
私はany%ルートが後にくるとプレッシャーでいつもの動きができなくなるのが怖いので、
any%ルートは心の安定のために1周目にしています。
勿論、プレイヤーの好みで変えていい部分だと思います。

2周RTA考察(1)

2周RTAには海ルート、船ルートと呼ばれる2種類のルートが存在します。
現在、RTAの記録として計測されたものは全て海ルートです。
ルートの詳細についてはヨッシーストーリー(Yoshi's Story) - RTAまとめサイトの各競技の説明をご覧下さい。

海ルートは1周目がany%と全く同じルートです。
2周目、5面で5-1「うみといえばクラゲボン」を選択することから名前がつけられました。
開幕を除いて全て水中というこのステージは、ステージ内フルーツ密度が高いという特徴があります。
さらに死ぬ要素が少なく、練習量もいりません。
難易度が低いのでやりやすいステージと言えるでしょう。

一方船ルートは、私が適当ながら、海ルートに対抗すべく作ったルートです。
現在このルートでの計測はありません。
1周目もany%と違うルートを使うため、練習量が多い難点があります。
さらに2周目の5面、5-4「ヘイホーのかいぞくせん」が鬼門です。
ステージ自体はマップ移動がいらないため短いのですが、
!シャボンの上を正確に渡る技術や、ボム兵をかわす判断力が必要です。
速いらしいのですが、ハードルが高いです。

で、この前ふと思ったんですが。
船ルート、4面を入れ替える必要がないことに気づいてしまったのです。
4-1のほうがなんとなくスペシャルハートを3つとりやすいのかなと思っていたんですが、
4-2の直進するだけで済む単純構造を失念しておりました。
実際4-1よりも4-2のほうが速く済むようです。

なので、船ルートは実際は

1周目 1-2→2-2→3-1→4-1→5-3→6-3
2周目 1-1→2-1→3-3→4-2→5-4→6-1

が最速ですね。失礼いたしました。
「真・船ルート」ですねw

次の2周RTAはこちらで計ろうと思います。
プロフィール

てお

Author:てお
ヨッシーストーリー、ドラゴンクエストに関することをメインにいろいろ書いていきます。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR